お客様とつながる配送管理について

信頼してもらうためのサービス

天気や時間帯に関係なく、気軽に買い物を楽しめるのがネットショップの魅力です。パソコンやスマートフォンで、自宅はもちろん通勤通学中でも利用できてしまいます。とても便利ですが、発注してから商品が届くまでの連絡や配送サービスの仕方によっては購入者に不安を与えてしまうことも少なくありません。店頭で直接品物を見て、店員と客が顔をあわせることがないので信頼関係を築くことが困難です。安心して買い物を楽しんでもらうためには、配送管理サービスをしっかりしておきましょう。注文後の対応によって、購入者がリピーターになるかどうか決まることもあるので注意が必要です。気持ちよく買い物を楽しんでもらうことができれば、良い評判をもらうこともできます。

受注後の作業は丁寧に行いましょう

客がネットショップ上で注文を行なった後は、まず受付完了のメールを送ります。この連絡があるだけで、相手はきちんと注文ができたという安心感を得ることができます。在庫がもしなかった時は、なるべく早くお詫びの連絡をしなくてはいけません。商品を確保したら、発送するための梱包を行います。梱包の際には、レシートの代わりになる明細書やお礼状を入れておくと印象が異なってくるでしょう。発送したら、配送会社でもらえる問い合わせ番号を客に伝えることが大切です。相手はこの番号を使って、いつ商品が手元に来るのか確認することができます。発送後に、次の注文に備えて在庫の確認をしておくことも大切です。客への連絡は全て自動化することも不可能ではありませんが、必ずこまめに確認しておきます。丁寧な対応は客側の店に対する信頼に繋がっていくので重要です。