商品を仕入れよう!発注管理って何?

ネットショップに必要な仕入れとは?

ネットショップを運営する場合、実際のお店と同じように仕入れが必要になります。仕入れとは製造元(商社の場合もあります)から商品をお店、ネットショップでは自分の手元に買ってくること。お店は、仕入れた値段より高く売ることで利益を出します。お店には人が多く集まるため、製造元は自分で売るよりも、少し安い値段でもお店に売った方が得という理屈です。
ネットショップの場合、最初から人が集まるという保証はないため、仕入れ先が安く売ってくれるには何か理由が必要になるでしょう。例えば特定の商品に特化したショップであること。商品を幅広く扱う大きなネットショップに対抗するよりも、同じジャンルの中で、商品をお客さんが比較でき、他のネットショップでは見られないような珍しい商品も買えるお店を作る。お客さんのメリットはもちろん、仕入れ先のメリットも意識してみてください。
次の段落では仕入れに関わる商品管理について解説します。

ネットショップでの発注管理とは

お客さんの欲しい商品が売り切れている、ということがないように、お店は発注をする必要があります。ただし、たくさん発注すれば良いというわけではありません。在庫が多すぎると、手元には置ききれなくなるかもしれませんし、食品などを扱う場合は売れないまま期限が切れるかもしれません。適切な時、適切な量の発注とは何でしょうか。人気の商品は常に多めに仕入れておかないと、一気に売れて売り切れという事態が起こりやすくなります。発注をしてからお店に到着するまで日数がかかる仕入れ先の商品も同様です。逆に人気のない商品は売り切れても困る人が少ないという理由で、人気商品の在庫を多く持つために発注を抑えるという手もあります。
適切な発注を行うために、商品ごとの売れ行きや仕入れ先の情報、自分はどれだけの数の在庫を持てるのかといったことをしっかりと分析する必要があるのです。